鹿児島の浜は投げれば釣れるキスじゅうたん キス釣りの理想郷!それはファミリーから本格派まで楽しめる鹿児島のサーフ内之浦湾

内之浦湾釣行

NZさんが動き始めた。

彼のホームグラウンドは内之浦湾

今更ながら言うのもだが至ってアクティブアングラー

内之浦・長島・吹上等鹿児島・宮崎一帯はすべて彼の行動エリア

チョットそこまでドライブに・・・」程にフットワークは軽く神出鬼没なNZさん

そんな中でやはりスタートは内之浦湾から始めるのが彼のセオリー

内之浦湾で釣れ始めたら彼のアングラー魂は南海トラフトが動き始めたに等しい。

さ~いよいよ2017年度NZさんのドラマのドンチョウが開いた。

4月30日()は幸先よく30匹強の釣果
今から彼の型・数狙いが始まる。

我々からすると気軽に行けない距離

彼の内之浦湾への釣行は我々他のメンバーの夢をもかなえてくれる伝道者でもある。



2017年5月1日内之浦1

2017年5月1日内之浦2

2017年5月1日内之浦3



【編集後記】

音沙汰がないと思っていたら「沖縄に旅行していた」とのこと

送ってくれた画像からはコバルトブルーの海の色が冴えすでに夏のかおりが漂っている。

さすがに沖縄だ。


2017年5月1日内之浦4

2017年5月1日内之浦5


2017.05.01 | コメント(0) | 内之浦湾

内之浦湾釣行

NZさん! 念願の「肘たたき」ついにGet

6月26日()は梅雨の合間の貴重な晴れ日

内之浦2

NZさんはその晴れ間に勢い込んでマイグラウンドの内之浦湾に釣行した。

内之浦湾はキスの大物釣り師の聖地として尺キス(肘たたき)が潜む全国的に名の通ったGROUNDだが相手が相手だけに気軽に釣れてくれる代物ではない。

大物になればなるほど警戒感も強くなり、群れを作って移動するキスの中をさびいて釣る数釣りスタイルのようにはいかない。

ジーット潜む一匹の「肘たたき」がどこにいるかアングラーの方でアタリをつけてさぐって行くしかない釣りスタイルだ。

根気と執念の釣りでもある

当日の内之浦湾は釣り日和で先客12名のアングラーに交じっての竿だし

午前8時位からサビキ初めて1時間半ほどは生体反応さえも拾えず、むなしい時間帯だったようだが丁度満潮を境に魚の活性が上がりアタリが出始めたとはいうものの「エソ」のアタリ

時には尺エソが掛かってあがってくる始末で今一つ気分が乗らなかったが、そんな中で何時も数釣りで拾えるアタリをキャッチ

何時も経験しているアタリだったこともあり無警戒に「20㌢位のキスかな・・・・」と思って気軽に巻き上げてくると波口で強い絞り込みと引きを見せる。

その時点でも「尺エソか・・・・・?」と思った。
波口での絞り込みに耐え釣り上げてみると何とデカキス

今までのキスの大きさとの違いは一目瞭然

早々に測ってみると「やった~ 30.5㌢の尺キス」と思わず叫んだ「心のおたけび」

尺の聖地内之浦湾に通い始めて5年
ついに仕留めた「肘たたき」

やはり「奴は群れず孤独に潜んでいた」
しかも以外と近いエリアに・・・・・・

大物の聖地の期待を裏切らなかったマイグラウンド

鼓動が耳元でせわしく波打つこの感動は大物キスを狙うアングラーでないととうてい理解できない。

肘たたきを求めて遠征もしてみたがマイGROUNDを信じて通い続けてよかった。

5年目に体感できた肘たたきの波口での絞り込みと引きの感触は脳裏から決して消えることのない大物釣り師の思い出となって深く刻み込まれた。

congratulation!


2016年度
第104回大会・大物釣り全国大会結果はこちら「全日本キス投げ釣り選手権大会」

12016年6月26日内之浦№1

2016年6月26日内之浦2


2016.06.26 | コメント(7) | 内之浦湾

内之浦湾釣行

メンバーの一人NZさんがマイグラウンドである内之浦湾での釣行を教えてくれた。

何時見ても綺麗に弓なりの型をしたこじんまりと美しい湾だ。

如何にも尺が潜んでいそうな手頃な深さを感じさせる海の色と静かな佇まい

それを裏打ちするかのように釣れてくるキスのアベレージの大きさ

NZさんから連絡を貰うたびに「尺が出たか?」と心躍る。
太公望NZさんの尺の画像を早く見たい!

キットこの湾には大物が潜んでいる。


12016年5月内之浦

2016年5月内之浦2

2016年5月内之浦3

2016年5月内之浦4

2016.05.11 | コメント(2) | 内之浦湾

内之浦湾釣行

メンバーの尺狙い釣り師NZさんが今年初めて釣行して好釣果の連絡をくれた。

内之浦湾釣行のたびにポイントを探して回っているNZさん!
地元の人に聞いても正式名称はわからないサーフが点在する。

それだけ未開拓のポイントが多いということだろう。

いずれにしても魅力的なポイント一杯の大隅半島であることには間違いない。

近くの海岸には春を匂わす「ルーピン」が咲きほこり、穏やかな日和に揺れて咲くその様は「投げてキスの息吹を拾いたい」と思う投げ師の気持ちをくすぶるには十分な光景だ。

ひだり みぎ

ホームグラウンドである「内之浦湾」でのNZさんの今年初めての釣果は順調な滑り出しになったようだ。

2016年内之浦5

今年こそ念願の尺をgetすべく活動を開始したNZさんである。

滑り出しがいい!
この調子でいったらきっと念願の尺をgetするにちがいない。




 【編集後記】

2016年内之浦2へんてつのないタダのサーフなのだが、それに美しさを感じ「汚したくない」との思いに駆られてしまうのは私だけだろうか?

いや!違う。

NZさんも同じ思いでこの画像を撮り送ってくれたに違いない。

思いを共有し自然がくれる造形美を大事にしながらキス釣りを楽しみたい。


イベント情報はこちら「ルービン祭り&潮干狩り」


2016.04.10 | コメント(2) | 内之浦湾

内之浦湾釣行


釣友「NZ」さんが今年最後の内之浦湾に釣行して情報を提供し
てくれた。

今の時期はチョイ投げでは釣れず「チョイ投げ派」のいない貸し
切り浜だったらしい。

2本で置き竿
エサは岡山から仕入れた「本虫」

2015年内之浦1

NZさん!優雅だね~♪

浮世の「ウサ」などどこ吹く風と言った感じだね~

釣りを趣味にすると神々しい朝日は拝めるは!ストレスは発散でき
るは! いいことずくめジャ~ン(笑)

2015年内之浦4

今の時期は「石ゴカイ」ではなかなか釣れないとのこと・・・。

釣果は最長26cm、25cm、24cm、23cmと1cm刻
みで釣れ合計22匹

2015年内之浦5

やはり型狙いは「本虫」か「チロリ」だろう。
次からは我らがホームgroundで一緒に釣りができそうだ。

内之浦湾の朝日が神々しく美しい。

2015年内之浦2

こんな画を拝めるのも早起きの釣り人の特権だ。

2015.09.21 | コメント(2) | 内之浦湾

«  | ホーム |  »

メンバーステッカー


KKFメンバー

最新記事一覧

内之浦湾釣行 May 01, 2017
二潟の浜釣行 Apr 10, 2017
天神ケ尾釣行 Mar 20, 2017
小野浜釣行 Oct 05, 2016
京田(キョウデン)ノ浜釣行 Oct 01, 2016

釣果を教えてね~

釣果画像一覧   

薩摩地方の天気  

日別海面水温  

2015/11月のポイントBest3

1・高橋海岸
2・ウトラ海岸
3・京田海岸

人気ポイントBest5

日本トップ3サーフ

「薩摩富士」に抱かれた美景サーフ

リンクバナー

同じ趣味の方ならどなたでもリンクフリーです。



テキストでリンクを貼っていただく場合「鹿児島の浜は投げれば釣れるキスじゅうたん」でお願いします。

連絡戴けば相互リンクさせていただます。

i2i

FC2Ad

まとめ