鹿児島の浜は投げれば釣れるキスじゅうたん キス釣りの理想郷!それはファミリーから本格派まで楽しめる鹿児島のサーフ2014年05月

中原海岸釣行

小野浜で藻に悩まされたので早々にここに移動した。
一投目の3色付近「ガツン」

おおおお・・・・
「いい当たりだ。最初からここに来ればよかった」と思って巻き上げてみると23㎝位が一匹かかっていた。

CIMG6300.jpg気になる藻も全然ではないがそんなにはない。

粘ったら適当に釣れるかもしれないと思って投げ返すがいい当たりはこれが最後で後はピンキスと草ふぐばっかし・・・・・・

23㎝位が1匹とピンが6匹と至ってさみしい釣果






CIMG6306.jpg釣れません。
やっぱし「頴娃しかないのかな・・・」

腕が悪いのかも・・・(笑)












関連記事

2014.05.29 | コメント(0) | トラックバック(0) | 吹上・中原海岸

小野浜釣行

小野浜に釣行してみた。
いい加減藻が消えていないかな!と思ってのことである。

ザンネン

藻は未だに消えない。
見た目は藻がなさそうにみえるが仕掛けを投げてさびくとご覧のとおり

手におえない。
三投したがいやになって隣の浜「キャンプ場裏」に移動することにした。

ここては一匹も釣れなかった。
CIMG6296.jpg以前はまだひどかったようで少なくなった方だと地元の人が言っていた。

それにしてもいつまでもあるもんだ。
当分は行かないほうがいいかも・・・・











関連記事

2014.05.29 | コメント(0) | トラックバック(0) | 吹上・小野浜

京田ノ浜釣行

この浜の釣行は私の体験ではなくMさんの執念の体験記をメールで教えてもらい書いたものである。

釣行を数か所一緒にしたが小湊ノ浜でわかれて私は帰った。

Mさんは執念の一匹を求めて京田ノ浜に行ったようだ。
私としてはまだ藻が漂って釣りにならないだろうと思っていたが・・・

荷電して聞いてみると「京田で釣れましたよ。メール添付で画像も送ります」と言って送られてきた画像がこれ

おお・・・・から揚げサイズ4点ね!
釣れたんだ~

1.jpg藻のはびこり具合を聞くと少しは残っているけど・・・・との返事

釣れているのをみると何とかなる程度の藻のはびこり具合なのだろう。

おそらく時間的にも短い釣りだったと思うが短時間にこれだけの釣果を得たようだ。

Mさんの執念の釣果に脱帽

念願かなってよかった。よかった。
┏(・o・)┛┗( ・o・)┓┗(・o・ )┓┏(・o・)┛


2.jpg
一番大きいので20㎝位・ネイゴ1匹合計29匹とのこと

実際「100匹釣る勢いでしたよ」とMさんは言っていた。

今度の釣行は頴娃か京田か・・・・・迷うところ

頴娃の馬渡川河口もリベンジしたい。京田にも行きたい。

今から先はどの浜も魅力的な釣れ方をするだろう。

ささかに贅沢な悩みが続く。

関連記事

2014.05.26 | コメント(6) | トラックバック(0) | 吹上・京田ノ浜

小湊ノ浜釣行

山川の砂蒸し温泉横の浜をあきらめて大移動開始
270号線をひたすら北上

野超え・山越え・谷超えまるでサバイバル感覚
一匹のキスの姿を見るべく薩摩半島の半分を移動している。

あああ・・・・
ようやく着いた。

この浜もよく通った浜だ。
私が通っていたころは遠浅だが満潮の時に15~18㎝が入れ食いしていた。

久々・・・
しかし

今ド干潮なんだけど・・・
CIMG6280.jpgMさん!
「今は釣れないよ」と心で思っても口には出せない。

一匹のキスを必死に追い求めているMさんには言い出しにくい。

まぐれもあるかもしれないから・・・・

私は竿を出さずデジカメ1つもって彼のあとからついていくことにした。

一匹を求めてこの執念
「Mさん!あんたはただものじゃない」

ここまで来ると自分よりMさんの執念に応援したくなる。

「釣れてくれたらいいな~」と率直に思いながら後からついていった。

CIMG6279.jpg私と違って彼の場合竿とリールはセットしたまま車に積み込んで移動するようだ。

だから目的地についての一投目までの時間は短い。

海はべた凪・追い風・200m越えの遠投条件はそろっているが私も含めてMさんも大遠投はしない。

投げても6色前後
そんなに沖にはキスはいないことを経験的に知っているので無駄な体力は使わない。

第一投を投げてさびき始めて2色位のところでアタリをとらえたらしくMさんはうれしそうに巻き上げはじめた。

竿先を見ていた私は「草ふぐのアタリだな」と思ったが間違っていたら悪いので黙って巻き上げを見つめていた。

ザンネン!
フグ

ところが又投げるのかと思いきや道具をしまい始めた。
「もう投げないの?」と問いかけたら「投げても一緒でしょう。移動します」と片付け始めるMさんだった。

CIMG6286.jpgさすがに疲れた私はここで別れて帰ることを告げたがMさんは別の所に移動すると言う。

すごい体力と気力

後で釣果を教えてもらうようアドレスを交換して別れて私は帰路についた。

その後、ある浜でMさんの執念は見事に実を結ぶのだ。

知りたい~(笑)
次のブログでね。


2014.05.26 | コメント(0) | トラックバック(0) | 吹上・小湊ノ浜

砂蒸し温泉海岸釣行

頴娃の馬渡川河口付近で釣果がなかったのでMさんの山川の砂蒸し温泉の横の浜への移動の提案を了承して大移動開始

15年位前にはよく通った浜である。

CIMG6269.jpgこの浜は「小鯛」や「あめいを」←(地方の俗称で正式名称は知らない)がよくかかった記憶だ。

着いてみると年月とともに様子も変わっていた。

堤防に沿って消波ブロックが敷き詰められ簡単には浜に降りられない。

それでも何とか降口を見つけて浜に出てみたら波口にはビッシリ藻が漂っている。

やる気を失わせるような様子だがここまで来て今更竿を出さないわけにもいかない。

とりあえず道具をセットして投げこむがアタリなし。

クサフグを一匹かけて撃沈モード
Mさんも同じ様子

粘っても釣れる感じがしない。
4投してあきらめた。

CIMG6274.jpg
ここでも釣果0

さ~
どうするか?

頴娃から山川のこの地までの移動も結構な距離だ。

Mさんがケロッとして「小湊に移動する」とおっしゃる。

「わたしゃ・・・こっからあきらめて帰った方が早いんだけど・・・」と心で思って口元はにっこり笑って「じゃ!行こう」と口走る自分が怖くなる。

ここから270号線に沿って枕崎を抜け野超え山超えして大浦に出てそれから加世田の小湊・その距離遠すぎて不明(笑)

「知覧をぬけて加世田に出た方が早かったんじゃないの~」と心で思っても決して口にしない私であった。

2014.05.26 | コメント(0) | トラックバック(0) | 山川・砂蒸し温泉海岸

馬渡川河口釣行

Mさんと知り合って初めて一緒の釣行である。
聞いてみると今までいろんな釣りをされた末に最後はキス釣りにはまってしまったそうである。

その行動エリアの広さと行動力は私の比ではなかった。
やはり上には上がいる。

頴娃に一緒に釣行する約束をし現地集合7時としたが私が到着したのは6時過ぎだった。
道具を車からおろし用意して待つ間に地元のH君と出会い立ち話

H君は彼の細胞=魚釣りみたいな人で365日何かを釣っている。
同人の話では馬渡川河口付近がいいとのこと。

立ち話している間にMさん到着
そうそう馬渡河口に移動したらすでに地元の方々が5名ほど竿を振っておられた。
CIMG6260.jpg
早々に道具を組み立て仕掛けをセットしてとりあえず6色付近に投げ込んでさびくが波口まで「コツン」ともあたりがない。

Mさんも同じ状態で頻繁に移動をしているがアタリがないようだ。

結局ここでは全く釣果はなく別の場所に移動することにした。

もう 少し様子を見た方がいい感じもしたがやはり複数での行動となるとそうもいかない。


ここから二人で野を超え山越しての珍道中が始まり最後の幕引きは彼の粘りと情熱の勝利に終わるのだが、とりあえず期待して釣行した場所では空振りに終わった。
CIMG6261.jpg
Mさんのキス釣りにかける情熱は、粘りと研究熱心を作り、豊富な経験と情報量をストックしている感じを持った。学びの多い人だ。

それは形にも出ている。
そろえている道具1つからしてこだわりを感じハイグレードなリール・竿等最先端の道具だ。

いやはや・・・・・
恐れ入った。




CIMG6265.jpg回転がなめらかで軽い。
メーカーの技術の高さと進歩の速さにも唖然とする。

私が買った時と同じような値段で今はこの水準のリールかい!

ちょっとジェラシー(笑)









2014.05.26 | コメント(0) | トラックバック(0) | 頴娃・馬渡川河口

高取海岸釣行

高取海岸吹上浜が切れ藻で釣りにならないため頴娃に行ってみた。
期待を膨らませての釣行だ。

もともとロケーションはバッチシ
釣れるキスも美形なうえにタイミングがいいと良型揃い

期待も膨らもうというものだ。
久々に頴娃の高取海岸に行ってみた。

先客2名
釣果を聞くと小さいとおっしゃる。

「釣れんよりましだろう」と思って6色投げて4色から3色で小さなアタリ

「本当に小さいや」と思いつつ手前までさびいてくるが手前では当たらなかったのをみるとどうも3色付近を泳いでいるようだ。

それ以降、何度か3色付近で2連3連が続いたが今度は潮が引きはじめると1色から波口で当たり始めた。

型もいまいち・・・・・・

この浜だけサイズか?
それとも頴娃一帯がこのサイズなのか?
47匹
友達に誘われて日曜日にも釣行するので今度は別の浜にする予定である。

全体的に小さかった。
もう少し型を期待していたが自然相手だから仕方がない。

次に期待をかけよう。
それでも頴娃のキスは安心して「背ごし」で食べられるので貴重だ。







2014.05.23 | コメント(0) | トラックバック(0) | 頴娃・高取海岸

中原海岸釣行

吹上浜は切れ藻が浮遊して釣りにならないと書いて久しく、もうそろそろ消えたのではと思って釣行してみた。

ところがまだまだ相当浮遊し釣りずらいことこの上なく当分は行かないほうがいいのではと思う。
CIMG6231.jpg
今回釣行したのはキャンプ場裏の浜だが吹上浜のどの浜も一緒だろう。

釣れ方も二昔前とすると全然違ってきている。

前は五月の連休前後には入れ食い状態だったが 最近はそんなことはなくなった。

型も小さい。
育つのが遅くなったのだろうか?

救われるのは魚影だけはそんなに落ちていない気がする。


CIMG6238.jpg
小さなキスが結構釣れる。

藻が邪魔しなければ100匹位は簡単に釣れそうだが一回投げるごとに藻が仕掛けにびっしり絡みつきそれを取り除いて投げ返すのに手間取り数は稼げない。

数は67匹だった。 
キスが育つのを待つしかあるまい。

キスは小キスでも「から揚げ」にしたり「背ごし」にしたりして美味しく食べられるのがいい。

今回は何時もお世話になっている人にあげて喜んでもらった。

今年もこの場所でダイワスーパーバトルカップ投げ2014全国大会が開催される。
楽しみに待ちたい。

関連記事

2014.05.18 | コメント(2) | トラックバック(0) | 吹上・中原海岸

«  | ホーム |  »

メンバーステッカー


KKFメンバー

最新記事一覧

内之浦湾釣行 Jun 19, 2017
内之浦湾釣行 Jun 11, 2017
名称不詳の浜釣行 Jun 01, 2017
小野浜釣行 May 17, 2017
内之浦湾釣行 May 01, 2017

釣果を教えてね~

釣果画像一覧   

薩摩地方の天気  

日別海面水温  

2015/11月のポイントBest3

1・高橋海岸
2・ウトラ海岸
3・京田海岸

人気ポイントBest5

日本トップ3サーフ

「薩摩富士」に抱かれた美景サーフ

リンクバナー

同じ趣味の方ならどなたでもリンクフリーです。



テキストでリンクを貼っていただく場合「鹿児島の浜は投げれば釣れるキスじゅうたん」でお願いします。

連絡戴けば相互リンクさせていただます。

i2i

FC2Ad

まとめ