鹿児島の浜は投げれば釣れるキスじゅうたん キス釣りの理想郷!それはファミリーから本格派まで楽しめる鹿児島のサーフ京田(キョウデン)ノ浜釣行

京田(キョウデン)ノ浜釣行

何時もシーズンの終わりはこの浜で終了にしている。
キス釣りを覚えた当初は9月で終わりと思っていた。

その頃ホームグラウンドにしていた浜は「小野浜」だったがこの浜は10月は釣れずらくなる。

キス釣りは「小野浜・他の場所は知らない」という位に通ったがむしろ釣れないと言っていいかもしれない。

二十数年前は小野浜も寂しい浜だった。

この浜は「網本」さんがいらっしゃって部落総出で地引網を引かれるほか「海の日」には海岸の掃除もされる。
知らん顔をしてキス釣りに専念するわけにもいかずよく手伝った。

10月はマダマダ暑いので本当に釣れないのか不審に思って色んな浜を徘徊してまわりこの浜が釣れることを発見して数十年だ。

最近は小野浜に行かなくなった。

友達から教えてもらった新たな情報で新たな発見と釣果をものにし小野浜に固執する必要がなくなったことも1つの原因でもある。

特に10月以降は「京田ノ浜」によく通う。

放射冷却が起き海面が全く見えない程真っ白な状態でも束釣り(100匹)釣れることを知ってからなおさらである。

今日も京田ノ浜に釣行した。

天気予報では全国的に冷え込むと予報していたが朝起きて外に出ると肌寒さを感じる。

台風19号が去った後に一回水温が下がってほんの一時釣れなくなった。

その後、すぐに回復したが・・・・・

今回の寒波で2回目の水温低下か?
「釣りずらいかもな・・・」と思いながら京田に向かって車を走らせた。

実は11月2日に釣り友Mさんか131匹釣り上げているし、かねてから11月も束釣りできる事を言っている自分としては実際釣って並べたいとの思惑もあった。

しかし、朝一の体感で「束釣りは無理だな・・・」と思ったがすでに行くつもりで用意している。

京田に着いたのが午前7時頃
夜が明けて間もない。

車を止めて外に出ると肌寒いし結構大きな波の音が聞こえる。

凪だったらこの駐車位置からは聞こえないはずなのだが聞こえるところを見ると結構な波が立っているせいだろう。

取りあえずデジカメだけ持って海の様子を見に行ってみた。

朝露に足元を濡らしながら通いなれたヤブ道を通って海の状態が見える所まで行ってみるとウネリを伴って波立っている。
CIMG7403.jpg
CIMG7416.jpg
CIMG7405.jpg

放射冷却は今年初めてじゃないのか?

CIMG7423.jpg
CIMG7408.jpg
海岸から150m沖合まで白く水蒸気が立ち込めていた。

自分的には「いよいよ今年も終盤だな~」と思わせる現象でもある。

今日の干潮は11時頃

明日(5日)の天気も上場の予報だったから波も静まるだろうし干潮の時にドンブリで釣ればいいと思って浜に出た。

ドンブリ

当初は先般Mさんが釣った場所に釣り座を構えた。
そこでMさんはバカスカ・ドンドン130匹釣り上げている。

ではあるが今日はなぜかそこで釣れる気がしない。

「ええい~投げてみんとわからん」と思って投げてさびくがアタリゼロ
何投目かにヘダイの子が一匹掛かってあがってきたがその他はアタリを拾えない。

「この場所じゃまずいな~」と思ってここから一キロくらい先の行きつけの場所に移動することにした。

ここは何時もSさんと同行したときに始める場所である。

道具をまとめ後から来た釣り人3名をしり目に黙々と歩くこと数十分、釣り座につき道具をセットしなおして「とりあえず距離」に投げてさびくが一投目はアタリなし

2投目に2色付近で小さなアタリをキャッチ

冷え込んだこともあってアタリの出方が小さいので止め釣りをして追い食いを待つこと数十秒
エサを追わないのだ。

砂紋のくぼみにじ~っとしてエサが目の前に来たときだけ捕食している。
「ゴトゴトゴト・・・」っと連続でアタリを拾え巻き上げてみると3連

CIMG7444.jpg
一回掛けるとその日の釣れパターンが大体わかる。

「なるほどなるほどこのパターンね・・・・」と一人で納得して何時も愛用させてもらっているMさんシンカーから通常の固定シンカーに替えて投げ返した。

キスは近くにいる。
しかし、砂紋の溝にじ~っとしていて動かないのだ。

当然エサを追って回遊もしない。
エサが自分の近くに来たときだけ捕食する。

したがって、なるべく仕掛けを浮かさず海底スレスレを這わせて釣るイメージでさびきたかった。

カラ針もあったが飽きない程度にはアタリを拾え「こんな釣りもいいもんだな~」と一人で悦に入って釣ること数時間

当初は束釣りをもくろんでいたが朝一番の体感気温であきらめた。
水温低下の節目にバカスカどんどん釣れるとは思わない。

今日が丁度その日にあたってしまった。
めぐり合わせだから仕方ない。

低下した水温のままで安定したら又バカスカスの流れの釣りになることはわかっている。

今日のような日にこそ動かないキスにどうして口を使わせるか?
エサを捕食させるか考えながら釣るのはそれなりに楽しい。

「エサに触ったけど食い込まなかったな・・・」というアタリが何回となくあった。

終盤にはこんな時が必ず来るのだから仕掛けの作りを工夫したりサビキの方法を考えたり色々知恵の絞りどころだ。

「こんな時期には仕掛けをグンと細く作って使ってみようか?ナイロンの細い糸で作ったらどうかな~?」等と思いを巡らせながら投げていたが30匹程溜まったのを見計らって納竿した。

この前のキスのから揚げをこれで再現しようと思ったからだ。
頑張って50匹も釣ったら捌くのが大変だし適当な釣果でいい。

また今日ような日に50匹キープするには難儀する。
ダラダラ釣っても疲れるだけだ。

「これで良し」と決めて次の釣行に期待してサッサト帰ってきた。

結局の釣果は33匹

同じ浜の同じ場所で11月2日は100匹以上の釣果・・・・それから2日後の11月4日は30匹の釣果

この違いは11月2日の水温はキスがエサを追っかけられる水温で11月4日は違ったということだ。

そもそもそんなに深いところをさびいて釣っているわけではない。

深くても人間の背丈程の深さだ。
寒波が来たらすぐに2~3mの深さの水温に影響する。

その違いがモロに釣果に影響するし水温が低ければ低いなりに高ければ高いなりに安定した水温・・・・その時に釣行するのがコツだろう。

丁度変わり目は釣るのに苦労するし貧釣になる(笑)

CIMG7450.jpg

 《編集後記》
 最近キスのから揚げを試しているが油は4回位使ったら限界のような気がしている。
 使い古した油を使ってキスのから揚げをすると焦げたような色合いになり見た目も汚い
 感じだ。

 皆さんどうされているのだろうか?

関連記事

2014.11.05 | コメント(0) | トラックバック(0) | 吹上・京田ノ浜

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

メンバーステッカー


KKFメンバー

最新記事一覧

内之浦湾釣行 Jun 19, 2017
内之浦湾釣行 Jun 11, 2017
名称不詳の浜釣行 Jun 01, 2017
小野浜釣行 May 17, 2017
内之浦湾釣行 May 01, 2017

釣果を教えてね~

釣果画像一覧   

薩摩地方の天気  

日別海面水温  

2015/11月のポイントBest3

1・高橋海岸
2・ウトラ海岸
3・京田海岸

人気ポイントBest5

日本トップ3サーフ

「薩摩富士」に抱かれた美景サーフ

リンクバナー

同じ趣味の方ならどなたでもリンクフリーです。



テキストでリンクを貼っていただく場合「鹿児島の浜は投げれば釣れるキスじゅうたん」でお願いします。

連絡戴けば相互リンクさせていただます。

i2i

FC2Ad

まとめ