鹿児島の浜は投げれば釣れるキスじゅうたん キス釣りの理想郷!それはファミリーから本格派まで楽しめる鹿児島のサーフ京田(キョウデン)ノ浜釣行

京田(キョウデン)ノ浜釣行

11月23日(日)Mさんと一緒に釣行
海も穏やかで温かく凪・・・・・

キス釣り日和だった。

いよいよシーズンも終わりに近くMさんも私も束釣りを期待しての釣行だった。

十分にエサも用意し気合も入っていた。

今日こそは常日頃から言っている「11月末の束釣り」を実証したいとの思いが二人ともあった。

現地集合6時30分

現場についた時はすでにMさんは到着していて待ってくれていた。

6時30分といったら夜明け前でまだ暗い。

私が1キロくらいある防風林を目的地に向かって走っていると後ろからヘッドライトがチラチラ見え隠れする。

「んんん????〇〇〇の工作員出没か??こんなオジンを連れて行っても今更〇脳できんぞ~」な~んて思いながらルームミラーで見ていた(笑)

目的地に着きMさんに挨拶して道具を降ろしていると、その〇〇〇の工作員もどきの正体は鹿児島の唯一のトーナメンターSさんだった。

久々の再会だ。
一頃はよくSさんと一緒に釣行したが最近はトーナメント出場が忙しくすれ違いが多い。

Sさんもキスの引き釣り大好き人間で遠い昔にはあまりにも熱心なためにワイフから竿を隠されて探し出せず釣りに行けなくなった逸話を持っている好きものだ。

自分的には福岡情報を貰えるので助かっているが・・・・・

Sさんは先に浜に降りて例の場所に直行したようでそこら辺りには見当たらない。
私とMさんは適当に釣り座を構えて投げることにした。

CIMG7536.jpg
いい感じだ!


気持ちいっぱい期待を込めて道具を組み立て「どりゃ~~~~」と一投

釣れるか釣れないか一回投げたら大体わかる。
その一回目の「どりゃ~~~~」で・・・・・・

アタリを拾えませんがな~~~~(泣)
生体反応0でっせ~

朝の胸いっぱいの期待がなだれのごとくいっぺんに崩れて沈んだ暗い気持ちにテンションダウン

「鱚キラーMr・M」さんはどうよ?とチラ見したらやはり同じパターンのようで・・・・・
ますますシンカー30号を飲み込んで胃がいっぺんに重たくなった状態になってしまった。

しかたない!!
気持ちの切り替えをしないと・・・・・

こまめにさぐって釣り歩くしかない。

そんな中Mさんの切り替えは早かった。
クーラーボックスはそこいら辺にほったらかしで竿だけ持ってとんでもないところに移動して投げている。

そこで当たったら道具ごと移動するつもりでさぐっているのだろう。
しかし、Mさんのサビキを遠目に見ているとやはり厳しいらしく釣れないようだ。

「ダメだ~」と言ってこちらに帰ってきた。
Mさんと「Sさんの釣り座に近づいて行きましょう~」と談合(笑)し移動することに・・・・・・

適当に近づいたところで投げる前にSさんの所に行き「釣れる??」と声をかけたら「釣れているよ~」とのたまう。

「Sさんの場所が正解かい!!投げてみんとわからんからな~」と色々あれこれチンポン状態の気持ちでSさんの近くでMさんと投げることにした。

しかし
アタリをひろえましぇぇ~ん。

釣れない私をしり目にSさんは1匹掛け・2連し釣り上げている。

CIMG7544.jpg
CIMG7549.jpg

片やMさんもキスの気持ちがわかったのかエサをじっくり吸い込ませて一匹・三連と釣りはじめた。

CIMG7546.jpg

「釣れないのはおいら一人かい!」とヘソを曲げているとアタリましたがな~~~~~♪♪
竿先に明確なアタリ

ここでぐ~っと我慢して待つこと10秒
次のアタリ

イヒヒヒヒ・・・・・
連続のアタリキャッチじゃい!!

巻き上げてみると3連

CIMG7554.jpgこれでボウズは逃れた(笑)

束釣りの勢いからボウズ逃れの釣りパターンに急展開したことに「自然相手だから仕方ないな~」と自己説得仕切りの自分に苦笑いしながらエサをつけなおして投げ返した。

一回アタリパターンをつかむと俄然強くなるのがMさん
それからというもの堅実にキスを拾い始めた。

落ちが終わってキスの群れも深場に落ち居残り組を拾いづりしている。
その居残り組も固まりじゃない。

砂紋の溝に1匹・2匹・3匹とじ~っとしてエサを追っかけず口を使わないキスの目の前にエサを運びエサを吸い込ませて釣るのだ。

超高等技術だ。
私にゃ真似できん!!

Mさんはその技術を駆使し30匹程キープした。
Sさんは20数匹

私は9匹
力の差は歴然

ゴメンチャイの結末で終わった。

帰り際にUさんと出会い立ち話に花を咲かせながらメンバーになってもらい新たな仲間が1人増えた。

CIMG7558.jpg

今日は期待に反して釣れなかったがそれなりに楽しい一日だった。

久々にSさんと会えたし、新たな仲間が増えたし、先般の「子持ちかあちゃん」からのAnnパンの差し入れも超うれしかった。

CIMG7538.jpg

そして今年はMさんと知り合えて懇意にして頂き、色んな学びを得たおかげで来年の行動パターンが明確になった。

短時間に色んな人と懇意にしてもらえるのも中間に「キス釣り」という同じ趣味を持つ者同士のクッションがあるからこそだろう。

それがなかったらそうはいかない。
気持ちのどこかで構えた付き合いになる。

趣味とはありがたいものだとつくづく思う。
釣果の数もさることながら実り多き一年で締めくくれそうな気がする。

11月末の束釣りが未達であることが気がかりではあるが・・・・・(苦笑)

関連記事

2014.11.26 | コメント(0) | トラックバック(0) | 吹上・京田ノ浜

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

メンバーステッカー


KKFメンバー

最新記事一覧

小野浜釣行 May 17, 2017
内之浦湾釣行 May 01, 2017
二潟の浜釣行 Apr 10, 2017
天神ケ尾釣行 Mar 20, 2017
小野浜釣行 Oct 05, 2016

釣果を教えてね~

釣果画像一覧   

薩摩地方の天気  

日別海面水温  

2015/11月のポイントBest3

1・高橋海岸
2・ウトラ海岸
3・京田海岸

人気ポイントBest5

日本トップ3サーフ

「薩摩富士」に抱かれた美景サーフ

リンクバナー

同じ趣味の方ならどなたでもリンクフリーです。



テキストでリンクを貼っていただく場合「鹿児島の浜は投げれば釣れるキスじゅうたん」でお願いします。

連絡戴けば相互リンクさせていただます。

i2i

FC2Ad

まとめ