鹿児島の浜は投げれば釣れるキスじゅうたん キス釣りの理想郷!それはファミリーから本格派まで楽しめる鹿児島のサーフ

二潟の浜釣行

久々に風来坊・オリムさんらと合流して吹上浜に釣行した。

桜も咲きほこり汗ばむ位の蒸し暑さを感じるようになった今日この頃いよいよ本格的にサーフからのキス釣りが始まる。

CIMG1207.jpg

釣れる釣れないは二の次の気分

とにかく陽気がよくなって動きやすくなったらサーフに行って投げてみる(笑)

4/9日()はここ最近唯一雨の降らない貴重な晴れの予報にかかわらずそれとは違って曇天

海はここ最近の菜種梅雨で雨と風が濁りとゴミを作り釣りづらい状況だ。

CIMG1175.jpg

今日一日でキス釣り環境が整うはずもなく釣りづらい釣行日となってしまった。

実際濁りとゴミで釣りづらく当初落ち合った場所から二手に分かれ場所の探索をしながの釣りとなったが結局落ち着いた先は二潟の浜

オリムさんは当初からこの場所を選択し、私らとは別の出口から出られ釣り座を構えておられた。

しかし、浜への出口は違ってもそんなに離れているわけではなく同じ並びなのでさぐりながらオリムさんの釣り座の方に近づいて行って見ると何とこの厳しい環境の中で着実に良型をgetしておられる。

顔潰し画像

CIMG1192.jpg

私はその時はまだボウズ(笑)

さすがに「目利き」「鼻きき」はただ者ではない。

風来坊さんもそうだが「経験則」「センス」と言うか形容しがたい超えられない一線が見え隠れする一コマだ。

2色半位の所で当たってくる」とオリムさんは言うが場所なのか腕なのか?私はそのエリアではアタリを捉えられず5色マルマル出して4色半位の所で20㎝級のアタリをようやく捉えられる。

ちなみに365EX+で20㎝級を掛けたら穂先が「グイン」と曲がって持っていき405の33号又はBXとは全く違う釣り味で楽しい(笑)

2回・3回目も同じようなエリアで掛けた。

CIMG1187.jpg

CIMG1189.jpg

片や風来坊さんは釣り場で会った別の釣友と久々に会い別の趣味談義で話し込み釣りなどホッ散らかし←(中型をツヌケ位したのかな~)程度

いずれにしてもサーフからアタリを捉えられる時期になった。

少なかったが良型の釣果も得た。

CIMG1195.jpg

さ~

いよいよ2017年度「鹿児島の浜は投げれば釣れるキスじゅうたん」の幕開け


関連記事

2017.04.10 | コメント(2) | 吹上・二潟の浜

天神ケ尾釣行

タイトルは「天神ケ尾」釣行だが一番最初に行ったのは小野浜

今年初めてのサーフからの「投げ釣り」だ。

昨年4月初旬に小野浜で釣果を得ているので、少し気が早いかもしれないが「春分の日」あたりからのサーフの釣れ具合を確認する意味と新しいタックルを使いたい気持ちの両方があって釣行した。

昨年4月3日の釣行記事はこちらサーフから釣れだした

下手な横好きの私と風来坊・オリム名人二人も一緒

CIMG1080.jpg

海はべた凪でコンディションバッチシ

早々に昨年釣果を得た場所に陣取り新タックルを組み立て投げてみた。

今度のタックルはお気軽タックルながら私的には「4色以内をさびければいい」という考えだから5色位飛んでくれたら目的を達する。

当然飛ぶ(笑)

昨日は追い風だったこともあり20号のオモリを掛けて軽く投げても5色強

細身で軽く持ち重なり感がしないぶん取り回しがしやすい。

CIMG1084.jpg

盛りの頃には大活躍してくれることは間違いないことを実感しながら投げ返すが肝心のアタリが拾えない。

数回フグらしいアタリを拾ったが幸いに針も取られず仕掛けは無事

繰り返し投げてはサビき投げてはサビいていると「モゾ」とするキスのアタリともフグとも判別しずらいアタリを拾い巻き上げてみるとピン太郎が一匹掛かってあがってきた。

CIMG1089.jpg

新タックルの「入魂」はピンキスで始まった(笑)

CIMG1085.jpg 

取りあえず何とか「ボウズ」だけは逃れたが「まだサーフからのサビキは厳しいのかな~」と実感しながら風来坊・オリム各名人も各々思いのGroundに移動されてい行かれたことも手伝って私も移動してみることにし行った先が天神ケ尾

この場所は昨年位から頻繁に釣行している場所

古い昔から知ってはいたがあまり釣行していなかった。

昨年「ここも結構いい型が釣れるよ」と教えてくれたのが風来坊名人

昨年その体験をし、改めて認識不足だったことを反省しながら釣行し始めた場所だ。

しかし、早々に用意して投げてさびいてみるがアタリの無さは小野浜と一緒

あっちに投げこっちに投げしてさびいていると掛かりはしないが「キスはいるな~」という感触だけは何となく伝わってくるなかで「グン~」じゃなくて「グ・・・・」位のアタリを一回だけ拾い巻き上げて掛かっていたキスがこれ

CIMG1093.jpg

20㎝前後のサイズだった。

その後何回かキスらしいアタリは捉えたものの釣りきらずいい加減あきたこともあって納竿

状況を聞くためにオリムさんに架電して様子を聞くと「とっとと帰ってすでに自宅です」とのこと

風来坊さんは冬場でも大きな実績のある秀麿Groundに移動して行かれそこでNZさんと合流して相当な釣果を得られたようだ。

NZさんのアクティブさにも驚かされるが執念と根性でキスを追っかける風来坊さんのスタンスにも脱帽(笑)



2017.03.20 | コメント(0) | 吹上・天神ケ尾

小野浜釣行


今の時期は京田一帯の浜を釣り歩いているのだが今年は全くダメだ。

生体反応さえ拾うことが難しい。

おおよその原因はわかっているのだが何せ自然現象なので人間の力ではどうにもならない。

回復を待つばかり

台風18号の通過で海が時化て砂が移動し、少しは状況の変化に期待できるのかもしれないがこればかりは何とも言えない。

そんな中でま~ま~の釣果を得ているのが「小野浜

メンバーが入れ替わり立ち代わり釣りに行ってる中で、貧果に終わった情報もあるが現在まで幸いにも適当な釣果に恵まれている。

10月2日()の釣行の際もそうだった。

干潮からの釣りだったが2色以内でいいアタリを拾え、20㌢以上サイズも適当にキープできた釣行日だった。

CIMG0264.jpg

「この5連は同行者の風来坊さんの釣れ具合」

CIMG0269.jpg

CIMG0276.jpg

9月25日()にはこの浜で近年にない良型を爆釣している。

その時の記事はこちら小野浜釣行

CIMG0213.jpg CIMG0217.jpg CIMG0218.jpg

あの型はどこに行ったのか?
再度、あの型のあの爆釣を体験したい。

関連記事

2016.10.05 | コメント(0) | 吹上・小野浜

京田(キョウデン)ノ浜釣行

新メンバー「ぞえちゃん」さんが9月25日()の釣果をもう一度ということで小林から釣行された。

タイトルは「京田ノ浜」となっているが実際の釣行は「小野浜キャンプ場裏京田ノ浜」の順で釣行されたようだ。

まず「小野浜」はクサフグが活発すぎて釣りにならなかったとのこと

2016年9月30日ぞのちやん釣果1

次に「キャンプ場裏」は生体反応が全くないと言って最後の頼みの「京田」へ

京田ノ浜」はスズキの子が邪魔をしてやりづらかったらしいが何とか35匹Getされたらしい。

全体的にウネリがあって釣りずらかったとの弁


京田一帯は9月25日()時点で切れもが邪魔をして釣りにならず「小野浜」に転身した経緯だったが、9月30日現在のぞえちゃん情報によると切れ藻は全くなかったとのことだった。

関連記事小野浜釣行

2016年9月30日ぞのちやん釣果2 
2016年9月30日ぞのちやん釣果3 

10月2日()は東の混じる風なので吹上全般がキス釣り条件にマッチ

1天気予報

サ~
どこの場所が釣れるか?

風来坊・オリム・釣遊の3名はとりあえず京田・ウトラ・高橋海岸一帯から始めて様子をみながら各自各々の行動パターンになる予定

京田一帯のサーフがよさそうだったらそのまま最後まで定着
釣れたらいいな~


関連記事

2016.10.01 | コメント(0) | 吹上・京田ノ浜

小野浜釣行

久々の更新だ。

釣行していたのだが2つのブログを管理しておりついつい不精が出て一方が手薄になった。

9月25日()に「京田~高橋海岸」」釣行した。

メンバーはオリム名人とリョウさん、そして釣遊

浜でこのブログを見ているという宮崎県小林市のアングラーとお会したが「最近更新されていない」と言われ恐縮した。

過去記事はこちらでご覧いただきたい薩摩キスナビ

ところで先般の台風で消えたと思った藻が再度流れてきているようで、サビクと仕掛けに絡みつき釣りにならないうえに生体反応も拾えない。

CIMG0204.jpg

こんなことも珍しいのだが生体反応そのものを拾えない浜で粘っても意味ないのでオリム名人と話して見切りをつけ大きく移動することにした。

この浜で4時間程ムダ釣りをしての事だった。

その際に小林から来られたアングラーにも声をかけて一緒に移動することにした。

小林から「2時間半位かけて来た」と言っていらっしゃったので貧果で帰ってもらうのも気の毒だと思ったからだ。

京田ノ浜」もいつの間にか有名になって県外ナンバーが目につく。

聞いてみると「11月に束釣りする」という記事を書いたことにインパクトがあったらしく「信じられない」という思いと同時に「行ってみたい」と思われるらしい。

転進先は小野浜

目的の浜に着いた頃は潮が引いた時間帯だったが、早々に投げてみると藻も掛からずさびきやすく適当にアタリも拾える。

小林からのアングラーさんも小型の中に良型を交えながら連掛けされていた。

誘った手前釣ってもらわないと決まりが悪い。

帰りの時間もあるので12時過ぎには納竿されたが適当サイズをキープしておられたので内心ホットした。

CIMG0210.jpg

ところが地元の私らでもめったに味わえないドラマが彼が帰って間もなくした頃から始まった。

それは18~25㎝サイズの入れ食い。

CIMG0213.jpg

最初は2色半位でアタリはじめ満ちこんでくるに従って1色から波口でガンガンあたった来る。

そのアタリたるやすごい。

その時は20号の軽いオモリを使っていたのだがオモリごとひったくるように持っていくアタリ連発に次ぐ連発

釣れてくるキスは全て20㎝オーバー時々それ以下と言った程度・・・・・

オリムさんも夢中になって釣っている。

時間を忘れて釣っていたがいよいよエサ切れになって後ろ髪引かれる思いで納竿

朝一からここに来てたら20㎝以上サイズの束釣りができただろうに残念

あなたは20㎝超えの束釣りって見たことありますか?
見てもらいたかった~(笑)


京田ノ浜」が有名になってしまったが吹上浜の全長は47㌔

京田だけが浜じゃないよ」と言わんばかしの「小野浜」の釣れっぷり

CIMG0217.jpg

CIMG0218.jpg

関連記事

2016.09.26 | コメント(8) | 吹上・小野浜

«  | ホーム |  »

メンバーステッカー


KKFメンバー

最新記事一覧

内之浦湾釣行 Jun 19, 2017
内之浦湾釣行 Jun 11, 2017
名称不詳の浜釣行 Jun 01, 2017
小野浜釣行 May 17, 2017
内之浦湾釣行 May 01, 2017

釣果を教えてね~

釣果画像一覧   

薩摩地方の天気  

日別海面水温  

2015/11月のポイントBest3

1・高橋海岸
2・ウトラ海岸
3・京田海岸

人気ポイントBest5

日本トップ3サーフ

「薩摩富士」に抱かれた美景サーフ

リンクバナー

同じ趣味の方ならどなたでもリンクフリーです。



テキストでリンクを貼っていただく場合「鹿児島の浜は投げれば釣れるキスじゅうたん」でお願いします。

連絡戴けば相互リンクさせていただます。

i2i

FC2Ad

まとめ