鹿児島の浜は投げれば釣れるキスじゅうたん キス釣りの理想郷!それはファミリーから本格派まで楽しめる鹿児島のサーフ

二潟ノ浜釣行


今の時期はキスのたまり場を見つけるのが先決だが見つけたらバコバコモード

束釣りも十分可能

2018年11/4()も最初からたまり場を見つけられ束釣りの勢いだったが後処理の事を考えて適当なところで納竿した。

夏の女王」と形容され、夏にしか釣れないイメージだが何の何の・・・12月でも十分釣れる。

ただアングラーの方が寒くて竿を出さなかったり「暑い時期に釣る魚」と思い決めつけているだけだ。

まだ11月初旬

当分はサーフからの釣りが楽しめる。

CIMG5024.jpg

CIMG5026.jpg

関連記事

2018.11.05 | コメント(0) | 吹上・二潟ノ浜

京田(キョウデン)ノ浜釣行


連続で台風が襲来したり野暮用が重なったりして中々釣行できなかった。

ようやく釣行できたのは10/13(

天気も良く海も静かになってbetterな日和に恵まれた。

しかし、さすがに朝方は冷え込み海は既に放射冷却現象が起きていた。

夏の高水温が徐々に冷めてきて水蒸気が立ち込め海面が真っ白になる現象だ。

現場についてみてまず驚いたのが台風の影響で海底の砂が大量に持ち去られ地形が変わってしまっている事

台風前までなだらかな降り口だった所が段差が出来て降りづらくなってしまっていたり土手が崩れて崖状態になってしまっている所もあった。

CIMG4892.jpg

CIMG4897.jpg

そんな中で当然ポイントも違ってきているはず

過去のデーターは通用しない雰囲気だった。

それでも大きく区分して降口から右手か左手かと言われたら従前より良かった左手には違いなく・・・

当初は右手で釣っていたが殆どアタリを拾えず手に移動して投げたらコンスタントにアタリを拾えはじめたのは釣り開始から2時間ほどしてからだったか

小ぶりながらコンスタントに当たった。

CIMG4904.jpg

その間メンバーさんやら顔なじみも増え釣りより立ち話が長くなって結局の釣果はこれだけ

50匹程度

それでも十分な量だった。

CIMG4924.jpg

もう少し水温が安定したら良型も姿を現すと思うので又に期待して納竿したのは昼過ぎ

次の釣行が楽しみだ。

ちなみに、翌日の10/14()に宮崎の仲間のKAWANO氏から同じ場所で「丁度200匹釣った」と連絡を受けたが天気が良かったら今日よりも明日 明日よりも明後日といった感じなのだろう。

鹿児島ならではの釣果

まだまだ当分は楽しめる。


関連記事

2018.10.15 | コメント(0) | 吹上・京田ノ浜

京田(キョウデン)ノ浜釣行


9/17()京田ノ浜に釣行

うねりがあり釣りづらい日よりではあったが濁りは入っておらずそこはそれ・・・

魚影の濃い吹上浜

少々悪条件でも釣れるのが吹上浜

大体にしてスレ掛かりも珍しくない程のキスの数

キスの釣堀(笑)

CIMG4801.jpg

またそれとは別の目的もあった。

それは今度新しくメンバーになってくれたKENZOの投げのチェックと修正

彼は飛距離にこだわっている。

その気持ちはよくわかる。

そもそも投げはキスを釣ることもさることながら遠くに投げるというスポーツ性も兼ね備えた二面性を持った遊びだ。

それは「スポーツキャスティング」として認知され世界大会まで開かれるほど

私の師匠もスピニングリール「種目はよくわからない」で投げる分野で世界チャンプになっておられるし、両軸リールでの投げでの世界チャンプとも親しくさせてもらっている。

永くコミュニケーションをとっていないが・・・

師匠の名前は許田安信氏

師匠からは手取り足取り教えて貰った。

一緒に吹上をウロウロしキャスティングのできる場所を見つけては何回となく投げ練にも付き合ってもらったりもした。

私より年下だが人物的にも優れ「一芸に秀でた人はこんなもんなのかな~」と思いながら教えを受けたものだ。

あと一人の世界チャンプは藤地 隆夫氏

彼は確か現在のJSCFの一番最初の中心的立ち上げメンバー

「当初は何にもない田舎で誰も見向きもしなかったけどね」と言っておられたことを思いだす。

既製品以外私の竿は全部藤地氏に作ってもらったもの

冬場には吹上浜で投げ練をやっていた。

今は怠けて完全な運動不足だが・・・

上達するには時間がかかるがダメになるのは秒速だ(笑)

だいたい365のEX⁺でチョイ投げ感覚でやっているので余計ダメになる(笑)

だから今ではそんなに投げれないが形だけは伝えられるのでKENZO君にその形を伝えることが目的の二つ目

そこで、早々に投げて見せてもらったがまずフォームがなっていない。体のひねりが加わっておらず腕の力だけで投げている。

一言で言って力任せの投げ方

CIMG4804.jpg

事を習得するには何でも「守・破・離」が大切

まず形を身体に植え付けてもらうことが先決

まず「守」だ。

ただ下半身はしっかりしたものを感じたので形を作れたら6色の壁を超えるのもそんなに遠くないだろうと思った。

潮が引いた頃には良型がかかりだしKENZO君が良型をパーフェクトに掛けて揚げるのをしり目に納竿したのは4時過ぎていたかも・・・(笑)

CIMG4807.jpg

そんなこんなで結構ながく浜にいた。

CIMG4811.jpg

KENZO君! 200m出し切キャスターを目指して頑張れよ~

それはそうと自分で釣ったキスは最後まで処理しないといけないのだが地獄だわ(笑)


関連記事

2018.09.17 | コメント(0) | 吹上・京田ノ浜

京田(キョウデン)ノ浜釣行


キュンプ場以北は切れ藻が仕掛けにまとわりついて釣りにならない。
今のところ京田辺りがBetterな感じがする。

中型も結構混じるが場所によっては良型も掛かる。

マメに移動してポイントを見つけるのがカギ

しかし、今度の台風で海がかくはんされ藻が消えたら状況は変わるかもしれない。

この遊びは自然状況やその場の状況にあわせて臨機応変に対応するのも1つのポイント

アタリゾーンは5色(125m)から3色(75m)の間 それから手前は殆どアタリは拾えない。

125mとか75mと言ったらものすごく遠い感じを受けるがチャントしたタックルを持っているアングラーなら軽く投げられる距離

やはりこんな状況になった時はしっかりしたタックルを持っている人に軍配があかせる。

2018年9月2日()現在の情報


CIMG4731.jpg

CIMG4733.jpg

CIMG4739.jpg


関連記事

2018.09.03 | コメント(0) | 吹上・京田ノ浜

高橋海岸釣行


小型・中型時々良型といった具合で4時間半位4点仕掛けで釣った。

一回もカラなし 魚影が濃い感じ

今日は上げ潮からのスタートだったが下げ潮で出来るドンブリに的を絞っての釣行も面白いかもしれない。


CIMG4697.jpg

CIMG4706.jpg


関連記事

2018.08.29 | コメント(0) | 吹上・高橋海岸

«  | ホーム |  »

メンバーステッカー


KKFメンバー

最新記事一覧

二潟ノ浜釣行 Nov 05, 2018
京田(キョウデン)ノ浜釣行 Oct 15, 2018
京田(キョウデン)ノ浜釣行 Sep 17, 2018
京田(キョウデン)ノ浜釣行 Sep 03, 2018
高橋海岸釣行 Aug 29, 2018

釣果を教えてね~

釣果画像一覧   

2015/11月のポイントBest3

1・高橋海岸
2・ウトラ海岸
3・京田海岸

人気ポイントBest5

日本トップ3サーフ

「薩摩富士」に抱かれた美景サーフ

メンバー撮影動画

リンクバナー

同じ趣味の方ならどなたでもリンクフリーです。



テキストでリンクを貼っていただく場合「鹿児島の浜は投げれば釣れるキスじゅうたん」でお願いします。

連絡戴けば相互リンクさせていただます。

FC2Ad

まとめ