鹿児島の浜は投げれば釣れるキスじゅうたん キス釣りの理想郷!それはファミリーから本格派まで楽しめる鹿児島のサーフ二潟ノ浜釣行

二潟ノ浜釣行


楽しみにしていた本格的なシーズンインなのだが思いのほか釣果が伸びない。

吹上浜の場合、キスの魚影は半端なく濃ゆいのだが二昔前の釣れ具合の印象からは程遠くなりつつある昨今だ。

それでも魚影の濃さは他府県に比べグンを抜いているのは間違いなく、その恵まれた環境には感謝しないといけないのだが、ついついあまりにも過去のすごかったイメージが尾を引き最近の釣果に違和感さえ覚えてしまう。

それでもシーズンともなると期待が先行し、自然と浜に足が向く悲しいサガ(笑)

5/12()に二潟に釣行した。

日曜日は天気がくずれそうだったので、天気が安定したこの日を選んだ。

少しだけ海の中のゴミが気にはなったがナギで濁りもなく束釣りの雰囲気

CIMG3979.jpg

打ち合わせたわけではなかったがオリムさんも同じように考えられたらしく現地で会えて一緒に竿を並べて釣ることに・・・

当然1人より2人のほうが楽しいし元気が出る。

CIMG4007.jpg

にもかからず入れ食いであってもおかしくない時期・海の状況なのにアタリは散発的

時々良型のアタリを拾えるものの数が拾えるような釣れ具合ではなかった。

CIMG4000.jpg

CIMG4002.jpg

贅沢なことに鹿児島の場合は頻繁に移動を繰り返さなくても同じ場所で釣れ続けることが多く、苦労しないのだが近年その特徴が崩れつつあるように感じている。

同じ浜でも小刻みに移動を繰り返しながら釣らなくては釣果が伸びない現象が起きつつある。

先人の教えに「キスは足で釣れ」というものがあるが、その教えを守らないといけなくなっているのかもしれないが、場所替えをすべく、ここは大きく移動して小野浜に転進

ところがよかろうと思って転進した小野浜でも同じような釣れ具合

あえて変わった所といえばフグの活性が高かったことくらい?

CIMG3988.jpg

そのフグの活発さに仕掛けのロスを心配して2回目の転進を決心し今度は恵比寿さんの下の浜(天神ケ尾)一帯に移動

しかし、転進に転進を重ね釣果を得ようとしたが思うように伸びずに二人とも疲れて納竿したのが3時頃だったか・・・

捌いて友達に差し上げる位の量は確保できたが、思いのほか釣果の伸びない日が続いている。

後が大変なので100(束)も200(2束)もは必要ないが50匹位は欲しかった。

CIMG4011.jpg

ま~こんな状況でも日ムラはあるもののいい釣果に恵まれる日もあるようなので、そのめぐり合わせを期待してめげずに頑張る。

関連記事

2018.05.15 | コメント(0) | 吹上・二潟ノ浜

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

メンバーステッカー


KKFメンバー

最新記事一覧

京田(キョウデン)ノ浜釣行 Sep 17, 2018
京田(キョウデン)ノ浜釣行 Sep 03, 2018
高橋海岸釣行 Aug 29, 2018
小野浜釣行 Aug 20, 2018
物袋(モッテ)釣行 Jul 19, 2018

釣果を教えてね~

釣果画像一覧   

2015/11月のポイントBest3

1・高橋海岸
2・ウトラ海岸
3・京田海岸

人気ポイントBest5

日本トップ3サーフ

「薩摩富士」に抱かれた美景サーフ

メンバー撮影動画

リンクバナー

同じ趣味の方ならどなたでもリンクフリーです。



テキストでリンクを貼っていただく場合「鹿児島の浜は投げれば釣れるキスじゅうたん」でお願いします。

連絡戴けば相互リンクさせていただます。

FC2Ad

まとめ